人気ブログランキング |

タグ:近場 ( 18 ) タグの人気記事

御所の桜 2012.4.15

c0179234_1241583.jpg

京都の町中でソメイヨシノが散り始めるころ
盛りになるこの方。
今年も会いに行きました。
今年は雨が多いので、晴天の予報を待ちわびてました。うまく満開とタイミング合って嬉しい。
朝、6時半くらいです。
まぶしい。
今年は赤い花が少なくて、清楚な白い花が多い。

c0179234_1252442.jpg

花とツーショット。
ほんのり甘い匂い。

c0179234_12201788.jpg


2010年は
by fukumimi_0306 | 2012-04-16 12:47

ギンモクセイ

雨の月曜日。
小止みの中、自転車で帰りを急いでるときギンモクセイの木を見つけました。
ぽつぽつ降ってきてるし、また明日もここ通るしな・・・と思いつつ信号でちゃ!っと引き返すワタシ。
「また今度」なんて、確実にあるとはかぎらないからね。
    (小さいことから「スグやる」「スグ反応する」ようにクセつけるのだ)
c0179234_19431417.jpg

 
ギンモクセイはキンモクセイに比べて地味だと言う話をよく聞きました。
実はワタシはギンモクセイをしっかり見るのはこれが初めて。
今日見つけた木もよく通るところにあって、しかも今時珍しい純和風のお家なのでいつも見てたのに、気が付かないもんです。。。
匂いも金木犀ほど華やかではない。
通りすがりでは匂いはあまり感じなくて写真を撮るためにねきまで来て、ふうわりした匂いに気が付きます。
ミルクのようなほのかな甘い匂い。
花の盛りはわずかに過ぎていたせいか、押しつけがましいところがない、パウダーのような匂い。
あ、葉はヒイラギのようなギザギザがあるのですね。
c0179234_19513132.jpg


この木のあるお家は四車線の大通り沿いにあって、歩道を挟んでわずか4,50cmくらいの隙間に竹やススキや草花が植え込んであります。
庭というより植栽という感じですが、とてもいい雰囲気。
このくらいはっきりした傾向があるのっていいなあ、と憧れるのですけど
自分が植物を買うときは「かわいい~」だけで買ってしまうので、ベランダはえらい雑多なモノになってしまいます。
それも、ワタシらしいか。しょうがないね~

c0179234_19592096.jpg


散り敷いたギンモクセイの花とつわぶき。
黄色の花はやらた光って写ってるけど、実際はもっとシック。
c0179234_19593586.jpg

by fukumimi_0306 | 2009-10-26 20:04 | お外

キンモクセイ

c0179234_2041926.jpg


空気があまく匂う季節になりました。
この匂いがしてからしばらくはきょろきょろしても木を見つけられないことがあります。
今日は鈴なりの木を発見。
ここにあるのは今年気が付いたな。

いろんなところでキンモクセイのお酒の話を聞くので
やってみたくてしかたないけど、ベランダで育てるのはむつかしかろうね。
by fukumimi_0306 | 2009-10-21 20:12 | お外

藤袴

世間は連休ですね。
ワタシは通常営業です。
ま、ヒトサマとはお休みが違うのはいつものこと。
でもさ、シルバーウィークって、なんかねぇ。
定着するんでしょうかね?

この時期、丸太町から今出川までの烏丸通りの西側には立派に育った原種の藤袴の鉢植えが並びます。
藤袴は万葉集にも歌われたキク科の多年草。
確か、KBSの前の花壇にはずっとまえから原種の藤袴が植えてあったけど
去年くらいから店先にいくつも並べられるようになりました(ワタシの記憶が確かならば)。
いつも烏丸通沿いは自転車で走るか、地下鉄に乗ってるかどちらかなので
見た目が地味な藤袴にはあまり興味を惹かれませんでした。
匂いがいい、というのは源氏物語なんかでも出てくるけど、なんせ自転車ではわからないし。
今日は素敵なお客様がおとまりだったので、おぉっと引き返して写真に収めました。

c0179234_1462421.jpg


わかります?ほらほら

c0179234_14145282.jpg


c0179234_1495128.jpg


あ~~携帯では素敵なお召し物がぜんぜん撮れてません。。。
深みのある黒地に緑のライン。
緑のラインは上品な蛍光色で青み掛かった緑から緑掛かった青へグラデーションになってます。
藤袴も今が満開みたい。
ここまで近寄るとなんともいえない芳香に取り巻かれます。
c0179234_1414856.jpg


美味しくお食事中・・・かと思いきや口元の巻管は伸ばしたり縮めたりしてるものの花には差し込んでいません。

c0179234_14165741.jpg
c0179234_14172245.jpg


胴体はふさふさした毛に覆われてるのですね。
もしかして、この藤袴の鉢でさなぎから蝶へと変って、孵化したてなのかも。
羽も完全にそろっているようでした。
なんていう蝶なのかご存知の方、ぜひ教えてくださいませ。

アオスジアゲハ
    ご幼少の頃はなかなかの強面・・・
    寄生されたお姿も。


c0179234_14231790.jpg


お蝶夫人のお泊りの枝はこんなにしなっている・・・

思い出しながら記事を書いてると、藤袴の芳香がまた辺りに立ち込めてきたような。
匂いの記憶って不思議。
by fukumimi_0306 | 2009-09-22 14:27 | お外

休日

今日はDへ花をいける日。
今月は仕事が重なってあまりDにいけなかった。
二週間あくと、すごく久しぶりな感じがする。
しかも、KとO両方にいけることになったので時間も勝負。
  (スミマセン、自分にしか分らないこと云ってます。)
  

  Dに花をいけるのは、責任もってしなければいけない仕事だというのはよくわかってるけれど
   それでも、自分にとってもは遊びの要素がある。
   花を入れる日は休日。
      
 

さてさて、時間通りに花を入れることができたし、出来も、まあ、苦手の花材でまとめにくいほど量があったわりにちゃんとできたんでないかな~と。
(Dでは写真が撮れない・・・撮ってもいいのかな。もう少し慣れてきたら撮ってみようか)
ふふふ、自分にご褒美。

c0179234_23565613.jpg

六角堂で鳩に囲まれながら、アイスを食べる。
鳩は自分には食べられないものだと思うとさっさと向こうへ行ってしまう。
なかなか賢いのだ。
食べられるものだとしても、あげないけど。
このファミマ限定のアイスは美味しい・・・
さすが、HDよりお高いことはあるわね。





c0179234_031716.jpg

あ、結婚式。

とても若いカップル。
うちかけの柄は趣味悪いけど満ちたりた誇らしげな笑顔。
黒服のスタッフさんがポーズをつけていて、お嫁さんは恥ずかしそうに笑う。
きんきんぎらぎらな柄だけどやっぱり和装の花嫁さんはとても素敵。
重なる襟の曲線がいいし、ふきを入れた厚い着物の裾がすぼまってるのも愛らしい。
幸せオーラがでてる。
この幸せが続きますように。

(なんか一言多いような気もするけど、気のせいよね。考えすぎ)
by fukumimi_0306 | 2009-08-26 00:28 | お外

あ~

昨日は涼しい夜でした。まだ8月なのに。

夜はフレンチを食べに行こうということになっていたので
着収めの紗の着物を。
こんなに涼しくなって、もうお単でもいいけどもう一度くらい着たいし、と思って
なかなかちゃんと着れて、よしよし、化粧に掛かろうと屈んだそのとき
いやな音が。

裾すぼまりに着たかった、のが巻き過ぎだったのね。
お尻当たりの背縫いの横が裂けてしまいました。
ショック。
 頭真っ白。

出かける時間が迫るのでその辺にあった適当な服を着る。
なんでか、着物気分のままで洋服を着るとすごくだらりとした姿勢になるような気がする。
もともと洋服の似合う体型でないけど、ますますヘン。

このあと、目当ての店には振られ、代わりに入った店で
すっごく感じの悪いウェイターに当たってしまい(ここも人気のあるお洒落な店だったんだけど)
デザートをパスして出てきてしまう。
ピザは美味しかったし、タルトなんかもいい感じで食べてみたかったけど
あんなウェイターのいる店では食べたくないよね、と二人で文句を言い合う。

それでも連れの友達とは話も弾んだし
料理もまあ、だいたいは美味しかった。
デザートを食べに入ったカフェは当たりで(こういうのは名前を出してよいよね。よーじやカフェ。)
ウェイトレスさんも夜遅いのに和やかで落ち着いた接客で
パフェも美味しい。
ということで楽しい夜でした。

お家で裂けた着物を見るとがっくりするけど・・・
直せる、よね。
(ため息、です)
by fukumimi_0306 | 2009-08-25 03:04 | 雑感

ごはんください。

いばらさんの記事を見て、そうそうワタシもツバメの巣を激写(鷽)したんだわ、と思い出しました。

んーと、11日ですね。(記録されてる。便利や。ワタシだったら絶対覚えてない)
夕方、パンを買いに行って
外に自転車を止めていたんだけど、道行くヒトが皆ワタシの自転車の上を見て優しく微笑んでいくのです。
なんだろう、と思って見上げると

c0179234_219441.jpg


親が近づいてくると
じゅびじゅびじゃばじゃば@@@@@
いっせいにクチを開けます。
皆で四羽。
二羽前に出てますが右に少しひっこんでもう一羽いるのです。
親はホバリングしながら持ってきた餌をやるわけですから「どの子にやろう・・・・」と悩んでられないようで
ワタシに見る限り、かなりテキトーに餌をクチにつっこんでやってました。
あきらかにワタシの位置から死角になっていた四羽目の子が一番たくさん、貰っていて
続けて2回、そして一羽とばして次の子が貰い、その次にはまた最初の子が貰ってました。
親が餌探しに行ってる間はクチを一文字に閉じて、宙を見据えてる(目は開いてないのか)
親が近づく(よくわかるなぁ)
ワタシ!ワタシ!次ワタシ!
しかし適当に突っ込む親。
アンタ、サッキモモラッタヤンカ~とか喧嘩しないのね。えらい。
ただ、こちら側の引っ込んでる子はちょっと集中力がなくなってきてるようで
時々後ろ側を向いたりしてました。
強く生きるのだ!


c0179234_21101511.jpg


追記
 路地裏蛙横丁のけろさんちではやんちゃな子達を激写!されてます。く~っかわいいっ
by fukumimi_0306 | 2009-06-17 21:13 | お外

スモークツリー

煙の樹です。煙草ともいう(ケムリソウです。タバコじゃないよ)
草じゃなく、木なんだけどね。
今の時期、もくもくしてます。
c0179234_2041673.jpg


いけばなのお稽古でも活けたことがあります。
そのときはそんなに好きな花材ではなかったけど。
地面に植わってるのをはじめて見たのはドイツのさる町でした。
かなりの大木。
あの木は白っぽい煙だったな。
ウチの案外近くで植えてらっしゃるお家があって、嬉しくなって写しに行きました。
by fukumimi_0306 | 2009-06-12 21:03 | お外

京都タワーに登ってみた

「京都タワー、行ってみる?」と聞かれたら絶対
「別にええわーあんなもっさいとこ。」と答えるヒトが多いだろうと思うワタクシですが
ブログでは何度か写真をUPしてます。
これとか
これとか
はっきり云ってヘンな建物だと思うのですが、妙な魅力があります。
3月のことですが、ついにタワー展望台へ登ってしまいました。

c0179234_23404946.jpg

夕暮れ時に行って出てから撮ったのですっかり夜のタワー。
和蝋燭をイメージした建物で白さが際立つようにライトが当たっているので、夜が一番・・・・のような気もする。

タワーの下のビル部分は一階はベタな京都土産、2階は100均だったかな?
3階には(階数は不確かです)本屋。
混みあう駅前ですがタワーの書店は広くてしかも空いていて本がゆっくり選べます。
ワタシの好きなF書房。Fでは「ワタシを呼んでる本」がよく見つかる。
本屋のある階から展望台へのエレベーターがあるのですが、ちょっと見つけにくかった。
ちなみに地下には大浴場もあります。
あ、京都タワーはホテルでもあるのですね(ホテル部分が大部分だってば)
エレベーターに乗るとちょっと作為的な京都弁でのアナウンスがあって脱力を誘います。。。


登ったときはちょうど日没。
c0179234_23434958.jpg


c0179234_004035.jpg

京都駅を見下ろす感じ

c0179234_012765.jpg

東山の方向。

日曜日だったせいもあると思うけどそこそこ混んでました。
以外に人気スポットなのかも。
もっさいとか云ってゴミンナサイ、かも。
確かにこんなに京都の街をぐるりを見おろせるのは楽しい・・・
↑は展望台の上部でこちらに望遠鏡などが360度方向に設置されています。

下部に下りてみましょう。

c0179234_095811.jpg


下部には望遠鏡はないけど足元がダイレクトに見えてゾクゾク感を味わうことができます。
地上100メートルでっせー。
何を隠そう、高いところ好き。
c0179234_0105498.jpg
c0179234_011173.jpg
c0179234_0113255.jpg


京都タワーには「たわわちゃん」といういささか間の抜けたマスコットもいます。
友達は「かわいい~」と言ってました。ま、ヒトの好みはいろいろ。
でも高いところへ登った高揚感からたわわちゃんの記念スタンプは押してしまいました。
ほかに記念写真用の舞妓人形もいます。

こんな凹鏡で遊べます・・・
c0179234_0254190.jpg


タワー展望台に上るのは有料でオトナ770円なのですが
3月には着物を着てるといろんな施設や市バス・地下鉄が無料になる期間があるのでそれを利用しました。
無料だったら話の種についでのあるとき行ってみよ、くらいの気分だったのですが
行ってみると以外に楽しい。
すっきり見渡せて気持ちがいいし、建物の時代がかった感じもここまでくると面白い。


c0179234_0391373.jpg


ワタシは京都タワーが好きらしい。。。。
by fukumimi_0306 | 2009-05-17 00:47 |

六角堂の秘仏公開

ずいぶん前の話。

仏像好きRieちゃんから「六角堂ってとこで秘仏公開してるって!近かったら行ってみて~」とメールがあって
あら、六角堂はお家元宅も近いしワタシの仕事場も近いし、近所はほぼ毎日通るから寄ってみよ。
と思いつつ近すぎてなかなか行けない(もっと自分に余裕のある時にしよう、とかなにもこんな混んだ日に行かんでも、とかやだわ自分普段着すぎるyoチャリ用のもっさいパンツの時は行きたくないよね、などなど)
で、やっと行ってきたのが3月29日。期間限定の公開のぎりぎりでした。

c0179234_2143457.jpg

詳しくは六角堂のH.Pで(と手を抜く)

ワタシがこの六角堂で一番好きなのはお堂の横にある柳の木。
おみくじがたくさん結んでありますね。
春先の柳の芽吹きのとき、軽やかにふわっと揺れているときが好き。きらきらしてます。
あ、そういえばワタシの守護樹は柳でしかも芽吹きのときがよいのだったっけ。
芽吹き時はもう済んでしまってますが、この日も気持ちよさそうに風に揺られてました。
c0179234_21571180.jpg
c0179234_21573126.jpg

もう10年以上前にここの近所の旅館でアルバイトをしてたことがあります。
そこの名物料理に「六角どうふ」っていうのがあってそれはへそ石を模した豆腐の鍋でした。
バイトをしてた時期に横に池坊ビルが建てられて、出来たときはびっくり!
一階はガラスの壁で作られて、烏丸通からガラス越しにお堂が見えるようになっていたのです。
c0179234_2214251.jpg

六角堂のほうから見るとお堂とその横のビルが写ってって面白い。
今池坊ビルの一階にはスタバが入って(先月くらいにオープンした)はやってます。
吹き抜けで広々した空間が贅沢なスタバ。
しかしこの先スグ北の烏丸三条にもスタバあるし、そんなに近くで大丈夫なのか
(アメリカではヤバイらしいスタバも烏丸界隈ではOK?)
他にもドトールとかエクセルシオール(だっけ)とかセルフ式から小洒落たカフェまでなんでもそろってにぎやか。
おっと、六角堂の話でした。。。

普段は無料の六角堂ですが秘仏を拝ませていただくには1000円の拝観料が必要でした。
(たかっ!)

ここは内陣が外から見渡せるくらい狭くて
前立本尊は外からよく見える距離にいらっしゃいます。ご本尊はその後ろに。
136年ぶりの公開という話なので入ってみましょ。。。

秘仏なので
by fukumimi_0306 | 2009-05-11 23:03 |