人気ブログランキング |

タグ:生活について ( 26 ) タグの人気記事

すもも&珈琲

c0179234_2061247.jpg


宅配野菜にすももが入っていた。
生で食べてみて・・・むむ、酸っぱい皮とヌルイ甘さの実。
皮の美しい赤とこの匂いを生かしたいな、と思って
果実酒にチャレンジ。
三個しかないし、ネスカフェの空き瓶でやりましょ。
ホワイトリカーと氷砂糖はいっぱいあるから
こないだネットで見かけた珈琲リキュールも作ってみよっと。

c0179234_20123994.jpg


珈琲リキュール覚書
珈琲豆 70g
氷砂糖 70g
ホワイトリカー ビンの口まで


c0179234_20125145.jpg


すもも酒覚書

すもも 223g
氷砂糖 200g
ホワイトリカー ビンの口まで

今回ちょっとびっくりだったのはホワイトリカーがものすごくいい匂いがすること。
無臭だと思ってた。
こういうアルコールの匂いって大好き。

リカーの正確な量がわからん・・・まあ、いいか(私らしい)。
結構甘口だと思う。


この写真だけだと、「ネスカフェ瓶かわいい」しかわからんね
・・・まあ、いいか。
by fukumimi_0306 | 2012-07-08 20:21 | 今日のミニカメラ

6月の台風

19日のすごい風で折れてしまったアジサイ。
切って部屋に飾ろう、と思っていてなかなか切れなかったから、まあいいことにする。
それにしてもすごい台風だった。
今年(も)天変地異、多くない?
4月もすごい嵐が来て
そのあと、つくばに竜巻がきた。
c0179234_19455596.jpg


4月の嵐のときはたまたま、関東にいた。
あんなに人にあふれたホームは初めて見た。
何とか乗り込んだ電車が「運行休止」になり、しばらくして
「再開いたしますが、強風のためいつ休止になるかわかりません。行けるとこまで行きます。」
目的地まで地下鉄が通っていることを思い出して乗り換えるも
すごい人。
身動き取れない、とはこのことか、と思った。
(他人様にあんなに密着したのは初めて)

今も台風一過の青空、とならず雨が降り続いている。
大雨の予報。
by fukumimi_0306 | 2012-06-21 11:54 | 今日のミニカメラ

八朔のピール

c0179234_15144532.jpg


えーと、夏みかんかもしれない。

好みの大きさに切ってから水につけて、今回は3回水を換えながら一晩置いた。
皮の重さが100gだったのでグラニュー糖を同じ分量まぶして、溶けてくるのを待つ。
ひたひたくらいの水を入れて煮る。
アクはでない。
好みの硬さになるまで煮続ける。
今回は3回ほど水を足しながら、煮た。
最後にブランデーをととと、と入れてもう一度わーっと沸かして
汁気がなくなるまで煮詰めるのかな、と思うけれど適当なところで切り上げる。
シロップは炭酸をそそいで飲む。
網に並べてかわかし、一晩置いたらだいたい乾いたので
グラニュー糖をまぶして、できあがり。
乾いた、というツメが甘いのを自覚しつつまぶしたので、蕩けてしまうだろうなーと思いつつ・・・
写真は乾燥待ちの時、透明感が美しかったので。
この時点で食べてみたら、ちょっと苦味とピリピリ感が強く
しまった、茹でこぼしするべきだった、と思ったけど
砂糖をまぶしたらちょうど良いくらいになった。
美味しくできて、満足。
蕩ける前に食べちゃおう。
by fukumimi_0306 | 2012-06-08 15:27 | 今日のミニカメラ

甘夏ママレード

c0179234_19564327.jpg


美容院で甘夏を頂いた。

身の部分は生でパクパク食べてしまってから
作ろう、と思い立つので
いつもペクチンなしの、コンポートタイプ。
久しぶりなので苦味の調整が難しかった。

自分メモ
水にさらす→絞る、を3回くらいやって、充分にやわらかくする。
砂糖をいれてからは煮過ぎない。

次回はピールに挑戦。
by fukumimi_0306 | 2012-05-15 20:03 | 今日のミニカメラ

ベランダガーデン 2012

山あじさい 伊予の盃 ユキノシタ科/アジサイ属
c0179234_1210070.jpg



c0179234_121258.jpg

鯛釣り草 3年目 8個くらい花のついた枝が春先にひゅーっと伸びたが写真なし。
お、小さな花発見。





c0179234_12121990.jpg

イカリ草二種
右は多摩の源平 左は玉牡丹
葉の形もずいぶん違う。
イカリ草は源平咲きが欲しかったけど、玉牡丹もなんともかわいい。
葉はすこし赤みがかって、わさわさとしている。
多摩の源平の花はインベーダーぽいな、といつも思う。
(この写真では玉牡丹が中心で多摩の源平ちゃんはぼやけてるね・・・)

今年の春、新しく買ったのは

ヘリクリサム ペーパーカスケード キク科/ヘリプテルム属 
四葉のクローバー

ロータスブリムストーン マメ科/ミヤコグサ属 地中海沿岸原産
ローダンセマム キク科 常緑多年草 北アフリカ原産

黒葉ヒゴスミレ

クローバー ティント ガーネット マメ科/トリフォリウム属 常緑多年草 
エレモフィラ・ニベラ ハマジンチョウ科/エレモフィラ属 半耐寒性常緑低木 豪州原産
ビオラ(紫の花)

まとめて書いてあるものどうし、寄せ植えにしている。
科、属、原産の情報は付いていた札から。だからまちまち。
いつか調べなきゃ、と思いつつ放置するんだろうなーと思う。。。
by fukumimi_0306 | 2012-05-14 10:14 | ベランダガーデン

とりとめない話

やっとこ夏になるんだろうか、と思いきやまたもやうすら寒い。
今日もやっぱり綿のコートで出動。
画像はないけどこの綿コート、着て会うヒトが十中八九「赤いですね」と言うくらい真っ赤なのです。
最初は気恥ずかしかったけど顔色がよく見えるし、何気に気分が上がる。
着るのは嬉しい。
でももういいかげん、寒いと不安になるよねぇ。。。



何日か前、やっと初夏らしいのかと一瞬思わせた日の夜うっかり窓を開けて寝てしまい
・・・いや、寒い、あかんあかんと思いつつ、めんどくさくて。
ばっちり風邪を引いたみたい。
喉がいがいがして、鼻がつまり、くしゃみがイヤに出て、なんとなく熱っぽく(でも平熱)、頭が重く
あれっと思う間に鼻水が垂れてくるのでティッシュを詰めてみる。
これって花粉症やん。
どうなんだろう?
15,6年くらい前、上のような症状がもっときつく出たことがあって
そのときは肌荒れがすごくて顔が真っ赤になった。
「へんな風邪ひいた~」と言ってたら花粉症の友達が「アンタそれ、花粉やし。ようこそ、花粉症の世界へ」。
でもそのときは2,3年で症状が出なくなった。
そういうこともあるんや~と喜んでたのですがね・・・
そういえばあの頃も杉花粉が収まった5月ごろに症状が出たんだっけ。
「ヒノキ花粉やで」と言う話だった。まぁ医者へも行かずで、民間判断?っていうのかな。
   (どうでもいい話だけどその頃「桧町」に住んでいたのだった)
      (なんかこの話、前にも書いたような気がしてきた。探すの面倒なのでそのままにする。はは)
今回は3日ほどで鼻水は収まってきた。
くしゃみはまだ出る。むちゃ激しい。腰に注意。。。


寒いといいつつ、季節は夏に向かってるらしく最近生野菜が食べたい。
ワタシは夏になると生野菜が食べたくなるのです。
あと、ジュースを飲みたくなる、コーヒーを飲みたくなる、ヨーグルトを食べたくなる(春夏冬はまったく欲しくならない)。
今年は特に野菜!
今日は閉店間際の大丸ですごい値下げしてたのでかなりお得なサラダができた。
細身だけどキレイなアスパラ、黄色と赤の二色のプチトマト、キュウリ2本、サニーレタス、それにアイスプランツ。これだけ入って525円でしたのよ、奥様!
アイスプランツ、ずーっと食べてみたくて、でも高いゎと躊躇してたのです。
美味しいものですね~さくさくしてほのかに塩味。
周りに付いてる水滴状のモノもきれい。
それにしても、気温が上がってくるからカラダを冷やそうとして生野菜が欲しくなるんだと思ってたけど、そういうわけでもないのかしら。
この前は塩もみキャベツにリンゴとアーモンドのスライスのサラダを作ってみた。
これはハンガリー料理のお店「スンガリー」で出てきた付けあわせ。
なかなかいい組み合わせなのです。
「スンガリー」よかった・・・量は少なかったけど(ランチだったし?)
ランチタイムは1時を回るとロシアンティが200円になります。
ジャムが美味しくて(お腹もまだまだ余裕があったし)そのままスプーンですくって食べてたらそのあと胸がどきどきしてきて、すごい血糖値があがる気配?を感じた(^^;;)


グリムズの樹がヘタレてるので何かまとまらないまま書いてみた。
ロシア、で思い出したのでこの画像を
c0179234_22595721.jpg



c0179234_2314812.jpg


1月の写真です。空は冬の朝の色。
京都にも正教会あるけどもっとこじんまりしてます。
どちらも美しい。。。
by fukumimi_0306 | 2010-05-11 23:14 | 日々

幸運のきざし

昨夜まで寒かった(いや今朝だってコート着た)けど今はタンクトップで充分。
いきなり夏になる予感。。。
ベランダも渇き気味です。
この春は雨が多かったからあんまり水遣りしてないし・・・
いつものことだけど冬は放置してたし、
もうスズメノエンドウとカタバミの天下。
どちらも結構好きなタイプの葉っぱなのですが、傍目には雑草王国よね。まぁ、いいか。


モミジバゼラニュウムの間からぴょんとカタバミが飛び出してる。

c0179234_2039051.jpg


これは!
四葉ではありませんか~


c0179234_20403227.jpg


幸運の四葉はクローバーであって、カタバミではないと思いますが。
いやいや四葉のカタバミなんてめったにありやせんぜ。
最近じゃ「四葉のクローバー」は鉢植えで買える。
(去年買って、合わなくてスグ枯れた・・・)
めったに出会えないものとしての幸運の使者ならこのカタバミちゃんじゃないかしらん♪

c0179234_20442725.jpg


c0179234_20513287.jpg
カタバミの完璧なハート型の葉ってかわいい。
もう…どしたらいいの。
とりあえず保存せな。
懐紙に取って、本に挟んで。




皆様にも(さらなる)幸運を!
by fukumimi_0306 | 2010-05-03 20:57 | ベランダガーデン

こちらはちゅうサンです。

世間では連休。
やっと春らしいお天気。でもまだまだ不安定で五月晴れというよりは春霞のような空模様です。

4月最後の日に工芸繊維大へ行ってきました。
ポスターに惹かれて。

c0179234_214747.jpg

浅井忠と京都 1900~1907

感想はこちらがうまくまとめておられます。
(おいおい)

いくつかブログを検索してみると「ポスターに惹かれた」というのをいくつか見ました。
作品のモチーフをコラージュしたポスターなんだけど、色合いが淡くてキレイでしかもモダンな感じのするポスターだと思う。
「浅井忠て誰か知らんけど」行ってみたヒト多そう。ワタシもそのヒトリ。
(ただしサンかと思ったら、ちゅうサンなんですね。)
工繊大はウチから自転車で行ける。15分くらい。ちゃりちゃり。
山に近くなるのでけっこう冷える。

展示自体はすごく少ないのだけど、真面目な油絵と日本画の対比が面白くてじっくり見てしまいました。
お客さんも少ないし、学芸員というのかしら部屋で見張ってるヒトもいないし行ったり来たり、細部まで見られてとても面白かった。
写真を撮ってはいけないのが残念・・・
まず眼を引かれたのが「蝦蟇仙人図」
仙人、というとスラリと痩せて清らかなイメージですがこちらの仙人はどっちかっていうと怪力の破戒僧に見えます。
ギョロ眼、筋肉りゅうりゅう、鳥のような伸びて曲がった爪。
頭に大きな蝦蟇が乗っています。
膝と手にも蝦蟇を乗せて(手乗り蝦蟇)なにやら言い含めている様子。
仙人の目はぎらぎらしてるし蝦蟇もヒトのような目をしてる。
使い魔、って感じ?
岡野玲子の陰陽師に年老いたガマに人の魂を閉じ込めてのろいをかける、というのがあったな~
こんな風にいうと怖い絵みたいですが、そんなことはなくてちょっと漫画チックで楽しい。
ほかにも垣根から子犬が出てくる絵とか(どう見てもかわいい子犬ではなくたちの悪そうなガキ)
泥棒が犬にほえられて逃げていく絵とか(犬は痩せて必死でほえてるけど泥棒はへへへ~んここまでおいで、な感じ)
鬼が島という桃太郎側と鬼側のセットの絵とか(桃太郎と猿雉犬のほうがずる賢くて作りモノみたいで鬼のほうが人間らしい表情)
などなど、見てストーリーを感じさせる絵がすごく面白い。
陶器や皿の絵付けもそういう感じでユーモラスな柄が暖かい雰囲気でこれは欲しい!と思いました。
実際、作られた当時は売り物だったわけですよね。
大津絵の角皿、かわいい。
丸い菓子皿もよかった。蒔絵の丸い菓子入れ(南蛮人?の絵)もいいな。
最初にリンクしたほうは「真面目」な作品がいくつか出てますが青い壷は実物を見ると割れたあとを金継ぎしてあって
その金色と青がマッチしてすごく素敵だった。
展覧会のパンフレットも売られて、展示物はほぼ全て載ってたけど蝦蟇仙人だけは載ってなかったな。なんでかしら?のろわれるから?(^-^;)
実物のタッチの印象が図録の印象になってしまうのがもったいなかったのでパンフは買わず。
それにしてもあの蝦蟇仙人はなんとも不思議で面白い。
ネットで探したけ見つからず。うーん残念。すごく紹介したくなるんだけどね。
 
   
by fukumimi_0306 | 2010-05-01 21:18 | 日々

読了

例の本読み終わりました。
半日でするする読んじゃいました。
楽しみを長引かせ、憂いなく没頭するためにあれこれ用事は片付ける。
その間、1,2について考えたりするのがまた楽しかった。
読み始めたのは結局22日。
スリリングな展開で1,2よりもぐいぐいと引っ張っていく力がありました。
これからじわっと読み直します。これまた楽しみ(^^)

まだ続編あり、という感想も聞かれますが
私としては3で終わってもいい感じがする。
それはね、むにゃむにゃ。
あぁ、語りたい!
でも続編があるなら、これまた嬉しい。
また一年後くらいに出ないかな~


c0179234_21291590.jpg

川原で摘んできた白い花。
ではなくて、花わさびです。
今、錦市場ではよく見かけます。
友達が春の欠かせない味、とうっとり語ってたので買ってみました。
私は初めて食したのですが、これが強烈な苦味で。
後味もなんというか、クセがある。
いや、美味しいとはとてもいえないんだけど
なんだろうな、妙にトリコなる味。
えぐみ、苦味はカラダの毒素を排出するらしいです。
そして、苦味をうまいと感じるのは味覚が老化してきてるせいなんだって(うぅ)
今年はもういいけど、来年また食べてみる・・かも。
by fukumimi_0306 | 2010-04-24 21:42 | 日々

カーテン

今日はカーテンを作りました。
この冬のカーテン事情ときたら・・・

この部屋で最初に掛けたカーテンは黄色に水玉の刺繍が続いているもの。
ロフトで見つけて高かったけど(一千万円)母が引っ越し祝いに買ってくれました。
曇りの日でも明るくみえて、とても気に入ってましたがベランダの吐き出し口の前に低い本箱を並べて出窓風にしてたこともあり、ふと気が付くとカビ状の黒いシミが裏にできて
下のほうだけだったので大分無視してたけど、カラダに悪そうだし3年経ったころお釈迦にしました。
次のはアジアン風のロールカーテン。
すだれ状で冬はいかがなものかと思いつつ、ロールカーテンがよかったのです。
普通の横開きカーテンだと隠し切れないウチのベランダに面してるお向かいさんの窓が完全に視界からふさぐことができたので。
いいお買い物だったわ・・・とかなり満足してたのですが今年に入ってから
すだれが密につまってるから埃がたまるねぇ・・・とじっと見てみると
これがまたカビやったのです。
しろい埃みたいなカビ。しかも裏面びっしり。
ひ~~毎日巻き上げたりおろしたりしてるのに。
さっそく撤去。
でもまた新しいの買うのはいろいろ考えて躊躇・・・
だってまたカビたらイヤですし。
ポリエステルの安いのやったらカビないけどカーテンみたいに視界に大きく入るモノが気に入らないのはツライ。
着物着るようになって深く自覚したのですが私は柄物が大好きなので
当たり障りのない無地はどうもかえって目障りらしい。
でも市販の柄カーテンで気に入るのはない。無地より難しい。
  (神経質やね。)
    (知ってるもん。)

オーダーカーテンなんてとんでもないし。
自分で作るしかないでしょ~

c0179234_20394785.jpg


深い森にいる雰囲気(自分では)。
画像では分りづらいけど白く抜けている小鳥と枝は薄いペパーミントグリーン。
この部分のお陰で明るさもあるのです。
ミシンないからちくちく手縫い。3時間ほど。
手を抜けるところは抜きまくって。
いや、でも問題なし。
以前のロフトのカーテンに付いてたアジャスター付きのカーテン釣残しておいて正解。

そしてお向かいさんの窓対策はあらかじめ短いのを吊るす、だけ。
これでいよいよ花盛りのベランダもゆっくり眺められます。
c0179234_21115842.jpg


というわけでこの冬はむちゃ寒かったのにカーテン無しという恐ろしいことをしてました。
風水では窓にカーテンをつけないのはよくないんだって。
部屋に入ってきた幸運を逃す、とか。
ふうん。
じゃ、あれはそのせいやったのかしらん。

まあ、いいや。
by fukumimi_0306 | 2010-04-21 21:22 | 日々