人気ブログランキング |

タグ:きもの ( 6 ) タグの人気記事

草履のおあつらえ

一つ記事を投稿したらグリム子ってばスグ元気になった(よかった)
ウチのベランダの子達も大降りの雨に打たれてぐにゃんとなったり、今日のいきなりの日差しにしおれたりしてるけど基本的に元気です。

でも今日は珍しく(?)お買い物の話。
だってだって草履をお誂えしたんですもん。初あつらえ。
今日、手元に届きました。
いやん、予想通り、いやそれ以上のできばえ。
ふっふっふ~
何度も箱から出して、にやけるワタシ。えへへ。


c0179234_211951100.jpg




台を濃い色に、でもお洒落着に合わせるからちょっと柔らかい色が欲しかったのです。
見本帳にはたくさんの実物の台の色見本があったのですが、そういうのから実際の草履を想像するのは予想外に難しい。
ほら、服でも生地屋さんで見てても服にして着てみるとずいぶん印象が違うということがあるでしょう。
あと鼻緒は出来上がりの写真をいくつか見てその中から生地を選んだんですが
面積が狭いし、なおいっそう難しい。
「柄の出方でも違ってくるよ」
「この柄を出して、ていう指定もできるよ」
台と鼻緒の組み合わせもどうしよう。。。
まあ、そうやって悩むのも楽しいのでした。


いつも着物でおでかけの時に履いてる草履はクリーム色のエナメルの無難な奴で、実質それしか使ってませんでした。
振袖を着たときの金や銀の(ワタシのと妹のと二足)盛装用草履や、妹の結婚式のために母がおばあちゃんに買った銀色のは手元にあるにはあるけど、
小紋には履けないし。
冬に古着屋さんでつま先カバーつきの別珍の草履を手に入れたのですが、これがなんともかわいくて
そうすると、なんというか着物を着る機会が増えたのですよ。
というかますます気軽に着るようになった。
春になって別珍の季節が終わってしまうと、トーンダウンするのが自分でも面白いくらいでした。
クリーム色の草履は当たり障りがないから何とでも合うんだけどその分面白みもない。
気分も高揚しない。
いや、履物って大事ですね。

c0179234_2145375.jpg


この草履は月末に先輩のコンサートを聴きに行くときに履いていきます。
晴れますように!
   (底の鼻緒をすげる部分にガムテープを張っておくと突然の雨にも草履が傷まない、と聞いて早速張っておきました。
     やばそうなときは履かないけどね。準備万端~)
by fukumimi_0306 | 2009-07-23 21:57 | お買い物

青い単と緑の帯で

c0179234_21405316.jpg

先日の日曜日(6/21)は午後からコンサートへ。
午前中は雨が降ったけど午後からは日が射してきたので、ちょっと蒸すけど着物で。
この青い単は夏前にぜひ着たかった。
しっかし、暑かった・・・

先日の単のコーデと着物が違うだけです(あ、帯締めも違うか)。

着てしまうと、それなりに暑さにも慣れるけど
着付け中がけっこうしんどい。
それにワタシのすそよけは化繊なので・・・そら、暑いわ~
会場のBも駅から5,6分歩かなくてはいけないのでした。


着物好きにしかわからない、この我慢(^-^;)
by fukumimi_0306 | 2009-06-24 21:48 | きもの生活

単の季節

今日も雷ごろごろ~でもほんの少しのお湿り程度。
昼間はむしむし、でも風はそれなりに。
単の季節は短いからせっせと着物きて、と思うけど今は家じゃ着られないわ(ヒトリをいいことにラフすぎるカッコ・・・)
とってもワタクシ、単はそんなに持ってないのです。
二枚だけ。
そのうちの一枚は先週のいけばなのお稽古で着ました。
c0179234_21554940.jpg


これは母ので、母が結婚が決まったとき職場からお祝いで貰った反物だそう。
おばあちゃんが仕立てました。
柄は気に入ったけど着る機会はそんなになかった、一度も袖を通してない、と母は言うけど
母の話はその時々でうっすら内容が変る。何回かは着てるんじゃないかな(笑)
紬っぽいけど、先日母が言うには「ウールやで」「暑いで」
・・・でもざらっとして張りのある手触り、今の時期になら大丈夫。
9月も単の季節だけど、暑さが体にこもるときは着物を着る気力がないし。
まだまだこれくらいの暑さは平気よ、みたいな元気のある、この時期に。
襟を抜き気味にすると風が抜けて気持ちいい。

帯揚げにしてるクローバー柄の布もおばあちゃんのコレクション。お気に入り。
帯は自分で買ったもの。
葡萄の蔓とハトポッポ柄なのです。
ネットで着物ブログを見てると、素敵なコーディネイトなんかもupされてて、もう舐めるように(^^;)見てしまう。
ワタシも!と思うのですが最近ちょっと負け気味。


母サイズは特に裄が短いのですが、まあ暑いしお稽古とかに着ていくぶんにはかまわないか、と。
おばあちゃんが言うには母はヒトより腕が短くて、孫のワタシはヒトより腕が長いそうです。

本日のケム・シン氏
by fukumimi_0306 | 2009-06-18 22:23 | きもの生活

おばあちゃんの着物

先日のコンサートには着物で行きました。
最近、世間では着物を着てるヒトが増えてきてますよね。
コンサートとか行っても自分だけ着物、ということはないです。
この日もチケット売り場に行くとワタシの前に着物をお召しのおば様が。
近くの席にしたら連れに見えるんだろうな。。。と離れたところを指定したりして(いやいや。偶然です)

今回の着物、祖母のデッドストックから貰ってきて初着用~
柄が気に入ってもらったのだけど、羽織ってみるとどうもおばあちゃんぽく見える気がして、もっと歳いってから着ようと思っていたけど、ちょうど今時分の季節にちょうどいい感じかする。

・・・いろいろ考えてあの着物、地味目だけど帯でかわいくしたらなんとかいけないかなーと。
これなんですけどね。

c0179234_21285052.jpg


うーん、帯締めが渋すぎる・・・かな。
半襟は流水の地模様のあるクリーム色。もう少し色があってもいいかも。
帯揚げはピンク。
帯に元気なオレンジの花があるので、まあどうにか。

お正月に実家でおばあちゃんの遺影を見ていて気が付いたんだけど
この着物は遺影のなかでおばあちゃんが着ているのでした。
写真のばあちゃんはおそらく60代。
とてもいい笑顔で写っていて。晴れの日だったんでしょうね。
この着物、ワタシの手元に来たときはしゃんとして、未着用みたいに思えたけど。
ひょっとしたらこの時だけ着たのかも。
今までワタシの記憶の中の祖母はもうすでに着物を着てなかったので、なんとなく祖母の遺品を着てるといってもぴんとこなかったのね。

この着物、固めの生地で着やすかったよ。
これから、いっぱい着るね。
by fukumimi_0306 | 2009-04-24 21:57 | きもの生活

新春初散歩

今日はさるところで打ち合わせのお付き合い。
ワタシはただのお付きなんだけど時間もあったんで着物で。
c0179234_2343982.jpg


それも終わって、せっかく繁華街に来てるしあまり寒くないし(最近着物の防寒ものが充実してきてるのさ)ぶらぶらしましょう。
祇園のほうへ。すると

c0179234_23511811.jpg

しょーばいはんじょでささもてこい!どどんこどん

c0179234_23551896.jpg

十日恵比寿の行列に出会いました。
うーむ、ワタシんちは商売してないせいかこれ見るの、初めて。

c0179234_2356074.jpg

恵比寿さま。御神体かな。

c0179234_23564246.jpg

その後ろには七福神の・・・荷台じゃなくて、なんていうんだろうか。
人形だと思うでしょ。

c0179234_23595436.jpg

生きてるのだ。
弁天様はお面はずしてました。お面より、かわいいよ。

弥栄神社。10代のころは何かっていうと「やさかさん」へ行ってた。
c0179234_04135.jpg

お参りは・・・実家の近所F神社へ元旦に行ったし、いいか(混んでるだろうし)。


着物ブログ見てるとよく目にするお香屋さんが祇園にあります。
豊田愛山堂さん。
知恩院御用達、とある。由緒あるのね。水曜定休。
ここの防虫香はとてもいい匂いがする、というので10袋入り1575円を買ってみる。

c0179234_0115775.jpg

ふんわりした和の匂い。
あまりきつくないので着物に匂いが移ってもなにも邪魔しない感じ。
自分だけ、わかる匂い。
乙女度&京都度が上がった気がして(ははは)うれしい。
京都に住んでるといっても知らんこと、多いなー

錦を通って、地下鉄の駅へ向かう。
花屋の店先で水仙の匂い。
そういえば、自分の部屋には正月に新しい花を生けてないな。いかんいかん。
実は錦にある花屋さんは量がたっぷりで安いのです。
「水仙、二束で500円にしときますよー」じゃ、お願いします。

c0179234_0331665.jpg


c0179234_0354264.jpg


やっぱり花がないと。
やっと初春の匂いがする部屋になりました。
by fukumimi_0306 | 2009-01-10 00:42 | お外

秋きもの

寒くなってきました。
昼間も空気が冷たく感じられる・・・11月も中ごろですもん。秋というよりも初冬。
でもつい先ごろまで暑いと感じることも多かったからな・・・気分的にはやっと秋なのです。

夏真っ盛りまではなにがなんでも着物着たいねん、と意気込んでましたが
涼しくなり始めた9月から10月、まったく着物は着ませんでした。
やっと暑さから開放されて、クーラーも付けなくなると体に布を巻きつける気分にならなくて
一重の季節を逃してしまいました。ああ、あれもこれも着たかった・・・
一重の季節はほんと短い。。。来年はがんばるぞ、と。
まあ、これはホントに趣味ですからぼちぼちいきましょ。
今ぐらいの冷たい気候だと一番着物を気持ちよく着られるのです。



今の季節にぴったりの普段着きもの。


c0179234_22175956.jpg
これは母が若い頃着ていた銘仙。
写真では色が伝わらないかな・・・グレーの濃淡に赤と緑で模様になってます。
母のお気に入りでかなり着たらしい。
座るとちょうど膝の上にくる上前に染みがあって、まあ、普段着にするからいいやんか、といってたのですが、せっかく着るんやったら、ということで染み抜きして色も差してもらってすっきりキレイになってきました。
母はあるところで長年働いていたのでこういうことを格安でやってもらうことができるのです。
自分ではようしません・・・お金もかかるし。
母は自分では着物はしんどいから着る気ないらしいのですがワタシが着るととても嬉しそうで着物にも手をかけたがります。

c0179234_222748.jpg

こちらはおばあちゃんの着ていたもの。大島らしい。
グレーの着物と半襟・帯・帯締めが一緒です。


c0179234_22304786.jpg

最初はグレーの着物はこういうコーディネイト。
でもなんとなく(私的には)物足らなくて。
白い半襟はもっと改まった着物に合うと思う。
で、そうそうウチにこんなのあったな・・・と

c0179234_2233077.jpg

紅葉の手ぬぐい。こえは「かまわぬ」やったかな・・・
今年はうちの周りの紅葉ぱっとしないけど、ちょうど季節やし。
ぱっとしなさを反映して(^^;)青いもみじも襟に出そう。



手ぬぐいを半襟にすると首周りが暖かいのです。



(うちの明かりは電球色を使っているので、着物の色が写真では再現されないです・・・しかも鏡に向かって自分撮りするので角度的に安定せずぶれぶれで酷い写真です。わかってるねん。心の目で見てやってくだされ)
でも着物ブログやってる人、自分撮りもきれいね・・・(ぼそっ)
by fukumimi_0306 | 2008-11-18 22:59 | きもの生活