人気ブログランキング |

<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

濃いの薄いの

えーと、現在10月2日(雨降り)なのですが
9月中にupしたかったことがいくつかあるので9月の日付で出してます。
そんなことして、ただでさえ少ない訪問してくださる方が見られないほど下に行ってる記事もあり。
まあ、そういうとこがあるヒトなんですね(探してください…いえ別に)。

9月11日に最初の花が開いてから、ずっと咲き続けてる朝顔・ヘブンリーブルー。
これは種を一袋買って、トレイで発芽させてから丈夫そうなのからプランターに植えていきました。
といってもどれもかなりしっかりしてるので捨てることはできなくて
プランターが満員になって、別の(ほとんど変化のないクレマチス)鉢の足元にも植え込んでました。
するとですね、こんな風に色の違う花が咲いたのです。


9月17日
c0179234_16595338.jpg


9月19日
c0179234_1703240.jpg



濃い群青色と薄い水色。
植えた位置は離れてるけど、花は同じような位置にまで来て一緒になって咲いてる。

   9月29日
c0179234_175217.jpg


これって生育場所によって違いが出たんですよね。
土はどちらも同じものを使ったし。
あ、薄い水色のほうには先客のクレマチス嬢がいたわけだけど、こちらさまには合わないようで枯れてはいないけど伸びもしてない。
どうにかしないと、と思いつつ朝顔がすくすく育ったのでそのまんま・・・
どちらかというと、クレマチス鉢のほうが日当たりは良いのです。
双葉の丈夫さはわずかにプランターが上。
どちらにしてもこの二色はとても美しい。

朝顔ばっかりです。
by fukumimi_0306 | 2009-09-29 16:35 | ベランダガーデン

紫の野菜たち

一番近所のスーパー、野菜売り場が別棟になって充実してきました。
ちゃんと産地表示してあるし、生産者の名前もついてます。
ワタシはものすごく産地にこだわったり無農薬でないとイヤ、とかそういうことはないのだけど
現在の状況では「中国産」は安くても買わないで国産を選ぶとか
生産地が近いものを選ぶようにしています。
かといって、あまり高いものは(現実的に)買えない。
安くても管理の悪そうなのは(当然)買わない。
多分ごく普通の主婦(お一人さまですが)感覚だと思うけど、ごく近所にそういうタイプの店ができたことは野菜好きとしてはすごく、嬉しい。
その日(9月29日)選んだものは

水ナス(和歌山産)二個150円
c0179234_15531945.jpg


紫唐辛子(奈良産)120円
c0179234_15552417.jpg

フォトジェニックに撮ろうとしてがんばってみる・・・(^^;;

水菜(京都産)98円、岐阜産の梨80円、トマト(奈良産)、青森産にんにく子房に別れたもの198円。
都会の真ん中だったらこの値段はかなり上出来です。
けっこうマニアック(というか)野菜もあるし。
水ナスはあるブログで「生で食べられる」というのを見て、びっくりしていた矢先に見つけました。
水ナスは「お漬物向き」と思い込んでいたので。↑のかなり大きいでしょ。
けっこう固いのです。ホンマに生で大丈夫~?
包丁の金気を嫌う、というのでヘタを落とし・ちょっと切れ目を入れるとこまで包丁を使い、あとは手で裂く・・・とうか毟りとる・割る・・・
中身は柔らかいです。こわごわ口に入れてみる・・・おぉジューシー!
フルーティです。これは美味しい。
後口にもアクの苦味なし。いや、疑ってたわけではないけど、ナスの生食ってあるんですね~

紫唐辛子は袋に「火を通すと薄紫になる」とあります。

c0179234_1694717.jpg
ホンマかな~?これはちょっと、いやかなり疑いの眼で見てしまう。
いままで、紫ブロッコリーとか試してみたけど、火を通すと普通の緑に戻ったしね。
紫色はアントシアニンらしいのだけど、火に弱いはず。
まあ、でも唐辛子大好きなんで(しかもこの値段)買います。
(唐辛子といえば今年は万願寺唐辛子が去年ほど安く出回らなかった。あっても状態もよくなかった。あんまり食べられなくて不満)
油炒めにして・・・ほら~
緑になるやん!
やっぱり!
c0179234_16131993.jpg

しかし、味が濃くて
じつに美味しかったのです。
生の水菜に乗せて、オリーブオイルとスダチ・海の藻塩を振って食べました。
(海の藻塩はちょっと高いけど、すんごい美味しい!)
奈良の野菜は「やまとやさい」というふうにして売ってるのね。

まだお客さんで溢れる、というわけではないけどがんばって欲しいお店なのでした。
レジのお姉さんに袋いっぱいのスダチを「サービスします!」といわれたけど
この日の夜からまる二日留守にするのでもらえなかった(残念)。
by fukumimi_0306 | 2009-09-29 16:27 | 食べること

菊と木苺の葉+ホトトギス(少しだけ)

某ビルエントランス、続行中。
これは24日に入れた花。
c0179234_2027791.jpg


ちょっと枝が茂りすぎかも。。。
すごく大きな木苺の枝が入っていたので、菊のほうが添え物のようになりました。
木苺の葉は緑が少ないときや、足元(水際)がすかすかしているときなどにちょっと足すのに便利なんだけど
こうやって見ると、軸の部分がほんのり赤くなっていて、なかなかキレイなものです。
これの前に入っていた花のなかにまだ使えるホトトギスがあって
その斑点の色と木苺の枝の赤が利いてる、と思う。
・・・しかしこの写真ではその赤はほとんど写ってませんね(汗)。

c0179234_20323441.jpg


菊の側からななめに見て。
(今回は正味1時間でいれた。前の百合は2時間かかってる・・・やはり一時間くらいで入れるのが理想的)
by fukumimi_0306 | 2009-09-26 20:36 | いけばな

栗仕事、はじめました。

c0179234_1946399.jpg

DのOの帰りにいつもは寄れない商店街をぶ~らぶら。
で、すっごい大きい栗のタイムセールに遭遇!
500グラムで12粒。う~ん、魅惑の大粒。
早速買って、スグに渋皮煮。
惜しいかな、固めの仕上がりになってしまった・・・
でもシロップに浸しておくとそれなりに味が染みて、じわっと美味しい。
しかし、渋皮煮はあんまり美しい外見でないねぇ。
皮を剥く前に写真、撮っておくのだったよ。
(ここまで大きいと剥くときのくるっ、ぽこっと鬼皮の取れる感触が早く味わいたくなって
  さくさく、作業に取り掛かってしまったのであった)



500gの栗(鬼皮含む)に対して、300gのてんさい糖を使っても
栗自体にはあまり砂糖の甘さが入らず、栗の味が楽しめる。
シロップは栗の渋みがきいたこっくりした甘さで
濃く入れた紅茶に氷と牛乳、そしてこのシロップを入れると
またもや蒸す感じになった(しかし)秋の夕暮れどきにぴったりのマロン・アイスティーになる。
by fukumimi_0306 | 2009-09-25 20:05 | 食べること

百合とトルコキキョウ、つるバラの実

これは9月10日にいれた花。
c0179234_215376.jpg


百合は華奢な茎が花の重みで裂けてくるので全て補強してあります。
夏に使っていた百合は補強はいらなかったから、これも季節の移り変わりってことなのかな。
赤い実が秋らしさを感じさせます。

  まあ、しかし、枝がクロスしてるしあまりよいできではありません。
  そういえば活けるのにやたら時間かかってしまったのを思い出した。 
  入れているうちに補強が必要だと分かって、それからやり直したようなものだから時間が掛かったのは仕様がないんだけど
  でも時間をかけすぎて、良いものができることはほとんど、ない。

c0179234_21592450.jpg


花器の縁に濃く薄く落ちる影が好き。
by fukumimi_0306 | 2009-09-24 22:00 | いけばな

夏の終わりの立花

いつもは4月の初めにある花展が今年は9月にありました(前期10~12、後期13~15日)。
どれも力作で、すご~い・・・と圧倒されたのですが
後期に出瓶された師匠の立花がワタクシの好みに壷だったので
記録にとどめておきたいと思います。

c0179234_21362858.jpg


枯れたひまわりとバラ。
バラの少しくすんだ色が晩夏らしい。

c0179234_21371728.jpg


ひまわりの種の鈍く光る、存在感。
うねる茎は別種の生き物のようです。
c0179234_2138491.jpg
c0179234_21391042.jpg
c0179234_21392462.jpg


代表者席は前期・後期通しだったので同じ作品を出されていた流派も多かったのですが
師匠は前期は秋の和花を使ったきりりとした立花、後期は上のような立花を出されてました。
前期のは写真に写せなかった・・・
前期は他に合作席でアジアンな立花もありました。
観葉植物で構成された立花は一見、立花に見えないのですが
さすがに完成された形でとても迫力がありました。
赤ちゃんの頭ほどもあるエアプランツも使われて、興味深い。
あれはいつか私も使ってみたいな・・・
by fukumimi_0306 | 2009-09-23 21:49 | いけばな

藤袴

世間は連休ですね。
ワタシは通常営業です。
ま、ヒトサマとはお休みが違うのはいつものこと。
でもさ、シルバーウィークって、なんかねぇ。
定着するんでしょうかね?

この時期、丸太町から今出川までの烏丸通りの西側には立派に育った原種の藤袴の鉢植えが並びます。
藤袴は万葉集にも歌われたキク科の多年草。
確か、KBSの前の花壇にはずっとまえから原種の藤袴が植えてあったけど
去年くらいから店先にいくつも並べられるようになりました(ワタシの記憶が確かならば)。
いつも烏丸通沿いは自転車で走るか、地下鉄に乗ってるかどちらかなので
見た目が地味な藤袴にはあまり興味を惹かれませんでした。
匂いがいい、というのは源氏物語なんかでも出てくるけど、なんせ自転車ではわからないし。
今日は素敵なお客様がおとまりだったので、おぉっと引き返して写真に収めました。

c0179234_1462421.jpg


わかります?ほらほら

c0179234_14145282.jpg


c0179234_1495128.jpg


あ~~携帯では素敵なお召し物がぜんぜん撮れてません。。。
深みのある黒地に緑のライン。
緑のラインは上品な蛍光色で青み掛かった緑から緑掛かった青へグラデーションになってます。
藤袴も今が満開みたい。
ここまで近寄るとなんともいえない芳香に取り巻かれます。
c0179234_1414856.jpg


美味しくお食事中・・・かと思いきや口元の巻管は伸ばしたり縮めたりしてるものの花には差し込んでいません。

c0179234_14165741.jpg
c0179234_14172245.jpg


胴体はふさふさした毛に覆われてるのですね。
もしかして、この藤袴の鉢でさなぎから蝶へと変って、孵化したてなのかも。
羽も完全にそろっているようでした。
なんていう蝶なのかご存知の方、ぜひ教えてくださいませ。

アオスジアゲハ
    ご幼少の頃はなかなかの強面・・・
    寄生されたお姿も。


c0179234_14231790.jpg


お蝶夫人のお泊りの枝はこんなにしなっている・・・

思い出しながら記事を書いてると、藤袴の芳香がまた辺りに立ち込めてきたような。
匂いの記憶って不思議。
by fukumimi_0306 | 2009-09-22 14:27 | お外

更新してない・・・

またまた更新しないままに十日も経ってしまいました。
グリム子、しなしなじゃん。。。ゴメンよ。
まあ、言ってしまえば、そうなんです、忙しいのです。
忙しいって「心を亡くす」といいますが、そういう忙しさではなく
やらなきゃいけないことがたくさん、あるのです。
もっと(自分に)はっきりいうと、
「今までもやらなきゃいけなかったことにやっと手をつけてる」というのが正しい。
自分のためにいうと「やっと心からやる気になった」と言うのが正確なところ。
やらなきゃいけない、と思いつつもなんとなくごまかしてしまっていたことにやっと手ををつけてる。
今までは手をつけても、まるで飲み込めなかったのでしんどすぎてスグやめてしまってた、というのがもっと正確。まあ、言い訳ちっくでもあるけど。
今はしんどくはないけど、やっぱり時間が掛かりすぎて自分のあほさにあきれてしまう。
・・・あほなんだ、と認めてしまったのでしんどくないのかな(^^;;


でもブログに毎日のことを留めておきたいと思っているのもホントなので
なんとかしたいです(マジで)

c0179234_21451140.jpg

毎日咲き続ける朝顔。
毎日、撮り続けてる・・・(^^;
by fukumimi_0306 | 2009-09-21 21:46 | 雑感

てくてく、お買い物

c0179234_2195953.jpg




雨降りの一日。


正面から写した朝顔。
でも昨日の下から見上げた写真のほうがはるかに実物に近いです。
青はもっとあっさりとしたピュアな色みで
もっと透明感があります。











今日はDへ行くのに地下鉄を使ったので(いつもは自転車)
いい機会だと思って川原町方面へお買い物しに行きました。
川原町のデパート方面は自転車が停められなくなってすっかり足が遠のいてしまってました。
でもこの頃のデパ地下の野菜の充実ぶりは素晴らしい(しかも値段も安い)と聞いていて
ぜひ買出しにいかなくっちゃ、と思ってたのです。
遊びに行ったついでの「その手」のお買い物は重いし、したくないのでね。


ブルーベルベット、アンジェ、と冷やかしてまわる。
ブルーベルベットはアラフォーの持ち物としてはいかがなものかと思わなくもないので
好みでありつつ比較的冷静に楽しんでみていられる。
アンジェは、やばい、です。
こまごましたものが実につぼなので、あーとかうーとか思いつつじっくり見てしまう。
文具と北欧の食器、手ぬぐい・・・
北欧の食器たちは値が張ってはっきり「無理」なのでかえって冷静。
手ぬぐいは種類が豊富すぎて返って選べないので、まあ冷静に。
文具関係はほんとにアブナイ。
ノートとか惹かれる・・・自分あんまりメモとかしないヒトなのに。
今回はなんとかクリア(笑)
野菜関係を買う、とかいいながらしっかり雑貨を見て周って時間を使ってしまう。


MUJIで母に頼まれてたカバンin整理ポーチを購入。
一年ほど前に自分用に買って便利だったので。むむ、リバーシブルにも使えるように進化しておる。
しかし、MUJIではあんまり購買意欲が刺激されないワタシ。
もうちょっとデコラティブなモノが好きらしい。

高島屋の地下がいいよ、と聞いていたけどあまりの人の多さにめげて藤大へ。
ここはすっかりリニューアルしてからまったく行ってなくて、興味しんしんで上まで見て周る。
いろいろ楽しく見てまわったけど、ここではなにより若い女の子のキレイさに目を奪われてしまう。
ウチの周りにもキレイに着飾った子はいるし、仕事であちこち出ることも多いから流行の服とかまったく知らないわけではないけど
普通の服装の人たちと着飾った人たちの割合が、ここでは逆転してるのねー
気合の入った化粧とか着心地より優先されるお洒落さと先取り感。
ワタシが普段行くビブレとかではなんとなく気合を入れて化粧しても浮く、という感じがどっかにあるけど
この辺では、ちょっと恥ずかしい。。。
この近くに住んでる友達は「そんなん、慣れや」とすっぴんでもデパ地下へいくと言うけどね。
うーん、お洒落に気合の入った女の子を見るのはいいものだ。

c0179234_227531.jpg

本題のお野菜もしっかり買ってきましたよ。
タベルト(藤大地下)ではブラウンマッシュルーム、ミョウガ。
お茶(粉茶と蕎麦茶)、牛乳も安かった。
大丸の地下ではズッキーニ、青梗菜。
そうそう明日のパンがなかった、とベーカリーコーナーへ行くとパンのお楽しみ袋が。
中身を確かめてると売り子の女の子が(生き生きしてかわいい)
「それ、むっちゃお買い得ですよ~(内容説明)」
いいねぇ。




パン袋、いいでしょ。
これがあったらいつものパン屋で焼きたての食パンを買ったときもへなっとさせずに持って帰れるやん。
うん、この「PAUL BOCUSE」には目をつむって貰おう(後ろ向きに出したらいいよね?)
by fukumimi_0306 | 2009-09-12 22:13 | お買い物

ヘブンリーブルー

c0179234_15283030.jpg


ドリルからパラボラアンテナ
by fukumimi_0306 | 2009-09-11 15:37 | ベランダガーデン